『大原富枝の文学散歩』開催のお知らせ

2020年11月22日(日)に、大原富枝の文学散歩を開催します。
大原富枝が生まれ育った本山町吉野(よしの)から寺家(じけ)といったゆかりの地を、ガイドと一緒に紅葉を眺めながら、のんびりと歩いてみませんか?

大原富枝文学館前にある『文学碑』からスタートし、『実家跡地』や『大原文学芽生えの館』をめぐりながら、大原富枝の著『鎮守のほとり』の舞台である若一王子宮や、『花まつり』に描かれた金剛寺でお接待にあずかります。吉野川や汗見川の美しい流れと色づく山の風景を楽しんでいただけます。
また、本山町で生産された農作物のお土産もあります!

参加費はお一人様¥1,500円(お弁当付・バス代含む)で、参加申込みの締切は11月14日(土)です。坂道の多い行程となっていますので、歩きやすい靴や服装でお越しください。また、コロナウィルス感染拡大防止のため、マスクの着用にご協力ください。水分補給の準備もよろしくお願いします。

当日は本山町立大原富枝文学館が集合場所となります。
お車は本山町プラチナセンター駐車場をご利用ください。

◎天候や歩く速さによって行程が変更になる場合もありますのでご了承ください。
◎雨天の場合は中止します。その場合は20日(金)の午後5時頃、事務局よりご連絡をいたします。

不明な点はお気軽にお電話ください。
問合せ:大原富枝文学館 ☎0887-76-2837(月曜日は休館日です)

お申込をお待ちしております。