常設展示室にて「仙人掌」生原稿展示中

7月31日(火)より、常設展示室にて大原富枝の短編小説「仙人掌」の生原稿を展示中です。

「仙人掌」は1984年(昭和59年)に群像10月号に掲載された、現代女性の様々な葛藤を描いた作品で、福武書店より発刊された『山霊への恋文』に収録されています。

「仙人掌」生原稿の展示は、9月17日(月)までとなっております。

※『山霊への恋文』は現在、大原富枝文学館にて販売中です。
購入ご希望の方は文学館窓口までお申し付けください。
電話やFAX、メールでも受け付けております。