常設展示室にて生原稿「河鹿鳴く」展示

平成10年に雑誌「俳句α」に掲載された随筆の生原稿を展示中です。

雄鹿の鳴き声に似ていることから名前のついた「河鹿」。
この澄んだ声を背景に、子供時代から上京までの思い出を綴った随筆「河鹿鳴く」は、令和元年6月8日(土)~7月15日(月)まで展示予定です。